医学生へのご案内

医学生へのご案内

医学生のみなさんへ 香川民医連は医学生のみなさんを応援しています!

香川民医連では、医学の勉強だけでなく、医療を取り巻く社会状況にも目を向けられるよう、学習会や交流会を行い、充実した学生生活が送れるよう援助しています。経済的にも、アルバイトに追われることなくサークル活動や勉学に打ち込めるよう、奨学金制度を設けています。
医学生のみなさんへ 香川民医連は医学生のみなさんを応援しています!

病院実習

低学年から実習を受け付けています!

希望内容・時間に合わせて、実習内容を決めることができます。

実習例
患者受け持ち実習、ホスピス緩和ケア実習、
整形外科オペ見学、訪問診療同行、
研修医密着、当直体験など
低学年から実習を受け付けています!

実習スケジュール例

8:30
来院・医局朝礼参加
9:00~9:30
オリエンテーション
9:30~12:30
病棟患者受け持ち実習
(患者さん聞き取り、回診同行)
12:30~13:30
昼食休憩
13:30~14:00
SDH(健康の社会的決定要因)学習
14:00~16:30
病棟患者受け持ち実習
(患者さん聞き取り、回診同行)
16:30~17:00
主治医とまとめ報告・振り返り
感想文記入

病院実習概要

対象
医学科1~6年生
期間
随時受付中(平日・土曜日午前)
半日から複数日実習までご相談に乗ります
持参物
お持ちであれば白衣、聴診器
宿泊・交通費
当院近隣の宿泊施設を利用できます。交通費は、当院規定に基づき支給します。
申込方法
申込フォームよりお申込みください。または、電話・メールにてお問い合わせください。

実習申込みはコチラ

奨学金

香川医療生協・香川民医連の医療活動に共感する医学生の学生生活を援助するために奨学金制度を設けています。アルバイトに追われることなく、サークル活動や勉学に打ち込むことができます。将来医学部卒業後、私たちと共に香川の地域医療を担っていこうという熱意のある学生をお待ちしています。

先輩医師からのメッセージ

原田 真吾 医師

高松平和病院 一般内科医

原田 真吾医師香川大学医学部医学科2004年卒・大阪府出身

奨学生になって一緒に学びましょう!

大学生は勉強にサークル、バイトと何かと忙しいです。私は低学年のうちから奨学金を借りていました。バイトに費やす時間を減らして、そのぶん全国医学生ゼミナールのような自主ゼミに打ち込み、学生のうちから医師としての資質を養うことができました。さらに、担当者の方が色々学習の機会を提供してくれるので、学生のうちにしかできないことを満喫しました。医学生のみなさん、ぜひ奨学生になって一緒に学んでいきましょう!

貸与金額

一般
月額5万円(1~2年)、6万円(3~4年)、7万円(5~6年)
特別
月額12万円(1~6年)

返済免除

奨学金受給期間と同じ期間を香川医療生協・香川民医連の施設で勤務した場合、返済免除となります。(特別奨学金は、受給期間の1.5倍の期間となります。)

奨学金Q&A

奨学金を受けたいと思ったら?
まずは電話、メールでお問い合わせください。または、問合せフォームから。
在学途中や県外大学からでも受けられる?
新入生だけでなく、県内外問わず在学途中の学生でも受けられます。
他の奨学金と併用はできる?
日本学生支援機構の奨学金と併用できます。
収入審査はあるの?
保証人の所得証明書や、特別な審査や書類の提出は不要です。
大学入学前でも申し込める?
予約奨学金制度がありますので、まずはお問合せください。
奨学生になったら?
全国の医療系学生が作り上げる学習交流イベントや、民医連独自の学習企画を通じて、出会いと学びを得るチャンスがあります。医学部卒業まで、生活上の相談やフィールドワークなど学習の援助を受けることができます。また香川大学医学部近隣に医療系学生が自由に使用できる“みき分室”を提供しています。

特別貸付金制度

奨学金受給者で、奨学金とは別に上限300万円まで、就学のために必要な資金を貸付けます。

申請の流れ

お問合せをしていただいたら、まず高松平和病院の見学・実習・面談をしていただきます。
来院時に申請書兼履歴書をお渡しします。申請書を提出後、理事会で承認されれば貸与開始となります。

提出書類
  • 印鑑証明書(第一保証人のみ)
  • 申請書兼履歴書
  • 契約書
  • 印の書類は、来院時にお渡しします。

看学生はコチラ

薬学生はコチラ

奨学金貸与規定はコチラ

奨学金規定はコチラ

奨学生活動 香川民医連では、大学では学べない学習機会を設けています。いろいろな企画に参加して、たくさんの仲間をつくりましょう。

坂の下ミーティング

坂の下ミーティング

毎年1つの学習テーマを決めて、月1回学習をしています。香川医療生協の病院職員を講師として学習したり、学生同士ディスカッションをして学習するなどしています。

2015年:離島医療、2016年:災害時医療
フィールドワーク学習

フィールドワーク学習

座学だけでなく、実際の現場に赴いて目で見て話を聞いて学習をしています。2015年は、香川の離島(直島、豊島、大島、小豆島)に行ってきました。

中四国医療系学生のつどい

中四国医療系学生のつどい

毎年5~6月に中四国の医療系学生が集い、学習会を開催しています。開催までの間に、数回の実行委員会をします。学生も実行委員会に参加し、「今何を学びたいか?」を学生同士話し合い運営しています。

2015年:地域を守る救急医療(広島)
2016年:チーム医療・多職種連携(鳥取)
医学生のつどい

医学生のつどい

全日本民医連が主催の、3ヵ月に1回全国の医学生が集う学習会。著名な講師を招いた講演会、交流会などを通して、大学では学べない学びや全国の仲間との出会いの場となっています。

みき分室

香川医療生協・香川民医連の医療活動に共感する医学生の学生生活を援助するために奨学金制度を設けています。アルバイトに追われることなく、サークル活動や勉学に打ち込むことができます。将来医学部卒業後、私たちと共に香川の地域医療を担っていこうという熱意のある学生をお待ちしています。

みき分室

香川民医連みき分室
〒761-0701 木田郡三木町池戸1538−1
TEL/FAX 087-891-0521

ランチミーティング

月2回水曜日開催

ランチミーティング

ランチミーティング

臨床セミナー

臨床推論セミナーやICLS実技実習など定期開催

ランチミーティング

ランチミーティング

病院見学のお申込み・お問合せ

お電話でのお問合せ 087-833-8113(代) 医学生担当まで (受付時間 9:00-17:00)

メールでのお申込み・お問合せ採用・病院見学のお申込みフォーム

ページの先頭へ